こんな場所には要注意

こんな場所には要注意

ゴキブリは人を避けて行動すると考えられています。その為ゴキブリ駆除をしようと思っても、中々発見することが出来ません。しかし、ゴキブリの生態を知ることで、ゴキブリの潜伏先をある程度予想できるようになります。ゴキブリの生態は、ゴキブリ駆除・ゴキブリ対策を行なう時に役立ちますので、覚えておいて損は無いと思いますよ。

暗くて狭い場所

ゴキブリは人間に見つからないように、光が当たる場所や広い場所を避ける傾向にあります。なので、暗くて狭い隙間に隠れていることが多いです。1cm程の隙間があれば隠れることが可能なので、ゴキブリ駆除を行なう時にはそのような場所を探してみましょう。逆に10cm以上ある隙間には隠れることが少ないので、家具の隙間などを10cm以上開けておくことでゴキブリの潜伏場所を減らすことが出来ます。

高温多湿の場所

ゴキブリは寒さと乾燥に弱く、高温多湿の場所を好みます。家の中だと常に熱を発している家電の下などが当てはまります。ゴキブリの駆除を行なう時に家電の下を積極的に探せばゴキブリの巣を見つけることが出来るかもしれません。他にも注意が必要な場所があります。それはダンボールです意外と見落としがちですが、ダンボールは非常に保温性が高いので、ゴキブリが卵を産み付けやすい場所です。なので、できるかぎりダンボールは捨てておきましょう。ゴキブリの生態を知ることでゴキブリの潜伏場所がある程度予想できると思います。ゴキブリ駆除を行なう時には其のような場所を中心に行なうことがお勧めです。