ゴキブリの天敵

天敵はいる

「ゴキブリ並みの生命力」という言葉があるくらいに生命力のあるゴキブリにも天敵はいます。ゴキブリより大きな人間もそうかもしれませんが、人間は積極的にゴキブリ駆除をしようとは思いません。ゴキブリ駆除をしないといけないとは思いますが、気持ち悪くて敬遠してしまう場合が多いのではないでしょうか。
今回は天敵の中でも、積極的にゴキブリ駆除するものについて紹介したいと思います。

犬や猫

まずペットの犬と猫です。彼らもゴキブリを駆除します。ゴキブリを捕まえて食べてしまうからです。猫を飼っている方なら、その子が自分の手元に捕まえたゴキブリを持ってきてくれて困ったという経験があるかもしれません。
食べることに問題があるのではと思う飼い主がいらっしゃるかもしれませんが、犬や猫の胃液はゴキブリにいる細菌も死滅させるので食べることに害はありません。
しかしそのゴキブリが毒餌を食べていたら注意です。ゴキブリ内の毒がペットにも入る可能性があります。一匹や二匹といった少ない数なら大丈夫かもしれませんが、何匹食べているのか分からないのでペットを飼っている場合は毒餌には注意した方が良いかもしれません。

アシダカグモ

このアシダカグモは巣を作らずに歩きまわって生活するクモです。そして人の家で暮らします。名前の通り足が長く、足を含めると体長10センチ以上になります。日本の中では最大級の大きさのクモです。
クモなので人に嫌がられるアシダカグモですが、ゴキブリ駆除としては意外にも人間にとっては利益のある虫になります。
ゴキブリを含めた室内の害虫を餌にしていますし、毒もなく人を襲うこともないのでこちらが害を与えなければ無害な生物です。そもそも人に近づこうともしません。
しかし外見がクモなので気持ち悪く、精神的な害をもたらす不快害虫に分類されています。
ただゴキブリを食べるだけでなく消化液に殺菌能力もあり、餌のゴキブリなどがいなくなれば別の家に移るので見た目以外は害のない生き物です。